2 個の LED を並列につなげてみよう

並列接続について知ろう

ここで使う道具

赤色 LED 2個を並列につなごう

回路図

配線図

LED は光ったかな? 光ったね! LED と抵抗にかかっている電圧をみてみよう 抵抗にかかっている電圧は約 1V だね
2個の LED にかかる電圧はそれぞれ約 2V だね
これはまさに LED が光るために必要な電圧(順方向電圧)だね 抵抗と LED にかかっている電圧は LED が1個のときと同じだね(「いろんな LED を使ってみよう」で測ったね) 並列回路では分かれ道にかかる電圧は同じになるよ

じゃあ電流はどうなっているかな?測ってみよう

並列回路の電流を測ってみよう

測る電流がテスターを通るようにしないといけないので、抵抗を流れる電流を測るときと、LEDを流れる電流を測るときで回路をちょっとだけ変える必要があるよ

LED に流れる電流を測る場合

LED が1個だけのときの電流は 9.6mA くらい(「いろんな LED を使ってみよう」で計算したね)だったから半分くらいになっているね

抵抗に流れる電流を測る場合

抵抗に流れる電流は LED に流れる電流よりも大きいね

2つの LED に流れる電流の和と同じくらいになったかな?

並列回路では電流がそれぞれの分かれ道に分配されるよ このように、ある接点(ノード)に入ってくる電流と出ていく電流が同じになる法則を "キルヒホッフの第1法則" というよ

並列接続のまとめ

並列接続では分かれ道にかかる電圧は同じになるよ 並列接続では電流がそれぞれの分かれ道に分配されるよ

やってみよう

青色 LED を2個並列につないでみよう
次に進む