種類の違う 2 個の LED を直列につなげてみよう

直列接続について知ろう

ここで使う道具

赤色 LED と青色 LED を直列につなごう

「2 個の LED を直列につなげてみよう」で赤色 LED を2個直列接続した場合、3V の電源電圧では光らないことを確認したね

2個の LED を直列接続で光らせるためには、順方向電圧の合計値よりも大きい電源電圧が必要だね

赤色 LED の順方向電圧は約 2V、青色 LED の順方向電圧は約 2.8V だから、光らせるには約 4.8V 必要だ
単三電池3個(約 4.5V)で光るかどうかみてみよう

回路図

配線図

両方とも光ったね! LED と抵抗にかかっている電圧をみてみよう
2個の LED と抵抗にかかる電圧の合計は 4.64 V だね
100Ω の抵抗にかかる電圧が 0.1V だから電流は 1mA だね 0.1V / 100Ω = 0.001 A = 1mA

電流が小さいから赤色の LED の光り方が弱いんだね
青色 LED は輝度が大きいから少ない電流でも明るいね

やってみよう

単三電池を4個にしてみよう
抵抗にかかる電圧を調べて、LED に流れる電流をもとめよう
赤色 LED は単三電池3個のときよりも明るくなったかな?
次に進む